×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口唇ヘルペスの感染2

相手に感染させないことを考えると、感染している本人は口唇ヘルペスを再発させないことが一番の感染防止になります。その前に、口唇ヘルペスはどのような状態になると再発してしまうのでしょうか?

考えられる要因としては、ストレス、疲労、寝不足、かぜなどの病気、紫外線など影響などが考えられます。このほとんどの要因は生活習慣を変える事で対応出来ことがわかります。

疲労があるときは早めに寝て睡眠時間を増やしたり、暴飲暴食をせず栄養のバランスを考えた食事をしてみたり、ストレスはなかなか発散できるものではないですが、少し時間を作ってウォーキングなど運動を週3回くらい行うなどで口唇ヘルペスが再発する頻度は下がってくるのではないでしょうか?

また、感染防止は、口唇ヘルペスなどヘルペスの患部に触れた場合はすぐに手を洗う。再発している口唇ヘルペス患部はとても皮膚が薄くなっているので破れやすくなってます。

また、スキンシップやキスなども感染を引き起こす要因になりますので避けましょう。

単純ヘルペスウイルスは感染力が強いですが、食器類や衣類についているヘルペスウイルスは洗剤などで洗えば特に問題はありません。洗濯も普通に行ってもらって大丈夫です。

しかし、先ほどでもありましたが、口唇ヘルペスが再発している患部は皮膚が薄く弱くなっているので、お風呂に入って石けんなどで洗う事は患部を刺激して、さらに状態を悪くしてしまいますので避けましょう。

出来れば、お風呂に浸かるのではなくシャワーを利用すると感染を防ぐ効果があります。